読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~アホな東大生~

頭のネジを、探し続けて19年

NZ南島ドローン&自転車縦断一人旅 ~南島上陸編~

今回はWellington~Picton~Blenheim(下地図青線部、走行距離28km)のハナシです。

f:id:yoshidont_mind:20170526180905j:plain

f:id:yoshidont_mind:20170526180930j:plain

 

2017/2/24

 

南北島間連絡船 Blue Bridgeはクック海峡をズンドコ進んでいきます。

 

船内にもたくさん椅子並んでたのですが、船内で流れてた英語のコメディ映画が全く理解できず、みんな爆笑してる中一人だけ真顔でかなり浮いてしまったし、外の景色を楽しみたかったのでデッキにいました。

 

普通に地べたに寝転がってる人とかいて、さすが白人の国だなぁ、と。

 

f:id:yoshidont_mind:20170525171046j:plain

 

快晴で結構暑いι(´Д`υ)

 

出航して2時間ほどすると、いよいよ南島の入り江(?)に差し掛かります。

f:id:yoshidont_mind:20170525172404j:plain

 

景色を見るために、さっきまでコメディ映画を観ていたたくさんの人たちがデッキに出てきました。

f:id:yoshidont_mind:20170525172610j:plain

 

youtu.be

めっっっっっっちゃ景色いいいいいぃぃぃぃ!!!!!

ニュージーランド来てよかったぁぁぁと、早速思った時間でした。

 

そして遂に南島の玄関口、Pictonに到着です。

youtu.be

 

なんか、ついさっきまでビルが林立する都会にいたのが信じられないくらい小さな町ですね、、、。

 

期待と不安を抱えつつ、船に別れを告げます。 

f:id:yoshidont_mind:20170526105535j:plain

 

とりあえず近くのガソリンスタンドで、日本から持参した看板を自転車に取り付けました。

ぼくが一年前に自転車で上京したときは、「上京中」と書かれた看板を見て多くのドライバーが話しかけてくれたものです。今回も、そんな一期一会があるといいな。

f:id:yoshidont_mind:20170526110732j:plain

 

時刻は午後5時。地図で確認すると、次の町までは28kmだそう。2~3時間はかかりそうです。

 

安全面を考えると日が暮れるまでには着きたいところ。

 

このまま今日はPictonに一泊した方がいいのではないか。少し考えましたが、旅の舞台となる南島を目にし自転車モチベがあふれていたので、気がつくと次の町Blenheimに向かって漕ぎだしていました。

 

街を抜けると一気に人の気配がなくなります。さすが南島。

 

走り始めて20分、早速第一村人(羊)発見です!

f:id:yoshidont_mind:20170526111638j:plain

 

野を越え山を越え、

f:id:yoshidont_mind:20170526132505j:plain

youtu.be

 

線路沿いを走ったり、

youtu.be

youtu.be

 

川を渡ったり、

youtu.be

 

ぐんぐん進んでいく。快調快調。

 

ここまでで気になった点をいくつか。

・トラック、キャンピングカーが多い:一般的な乗用車は半分もいない気がします。

・車が速い:この国では町を抜ければ車の制限速度は100km/h。体感ではみんな120km/hくらいで走ってるんじゃないかと。

・ドライバーが話しかけてくれたりはしない:車が速すぎて、ドライバーが自転車の看板の文字を読む余地はなさそう、、、残念。

・動物の死骸が多い:車が速すぎてよけられないのだろう。1kmにつき一匹くらい何か死んでます。なんとかならないのかな。

・大規模な山火事の跡があったロード・オブ・ザ・リングのアイゼンガルドを彷彿とさせるような山火事があった。New Zealandは自然を愛する国、というイメージがあっただけに少しショックだ。

・景色は常に壮大:さすがNew Zealand

 

まぁ気を取り直して。特に休憩することもなく夜7時半ごろ、日が暮れる前になんとかBlenheimに到着。New Zealand北東部、Marlborough地方の最大都市だ!!!

Blenheim | New Zealand

f:id:yoshidont_mind:20170526132705j:plain

 

え、めっちゃ田舎やん…。

 

夕飯が食べられそうな店が数件しか見当たらない…。

 

日も暮れそうなのでとりあえず地図アプリを頼りに近くのキャンプ場へ。

 

紹介し忘れていたがこの「MAPS.ME」という地図アプリ、事前にダウンロードしておけばオフラインでも使えて自分の居場所がわかるのですごく有能だ。

MAPS.ME (MapsWithMe), detailed offline maps of the World for iPhone, iPad, iPod, Android, Amazon Kindle Fire and BlackBerry

 

テントを設営するのは一年前、登山サークルの新歓行事に参加したとき以来だ。なんかワクワクする☺︎

 

後になって気づいたのだが、久しぶりすぎてペグ(テントが飛ばないように固定する杭のようなもの)を打つのを忘れてしまった^^;

f:id:yoshidont_mind:20170526133437j:plain

 

そして晩飯を食いにいくことにしたのだが、ハイウェイ沿いにケンタッキーとサブウェイが並び、その他は駅前におしゃれなレストランが一軒あるだけだ。

 

びくびくしながらおしゃれなレストランに入ってみた。

 

"Hi.、、、アー…、、Can I have 、、dinner here tounight…?"

 

コミュ障発動。

 

なんとかメニューを受け取る。えっとディナーディナー、、、$27…!?

 

高すぎる…

 

苦笑いしながら申し訳程度に$9のデザートを食べて店を立ち去った。

 

アイスが4つくらい並んでてめちゃくちゃおいしかった。

 

店内で談笑しながらDinnerを楽しむマダムたちの姿が脳裏から離れない。

 

いい生活だな…。

 

結局ケンタッキーで夕食を済ませ、テントに戻ることにした。いやー、最初からめっちゃチキン食べたい気分だったんだよねー!!!!!

 

キャンプ場に戻って初めて気づいたのだが、めっちゃ星がキレイだ。

 

初めて見るニュージーランドの星空に胸を高鳴らせながら、テント泊1日目の夜は更けていくのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NZ南島ドローン&自転車縦断一人旅 ~ウェリントン編~

2017/2/23

 

長旅の疲れかはたまた時差ボケか、普段通り昼前まで寝て過ごしました。

 

12時頃、ようやくむっくりと起きて動き出します。

 

天気が微妙でテンションが上がりません。

f:id:yoshidont_mind:20170513162452j:plain

 

外食に関しては日本より物価が高いなと薄々感じてたので、安い食料(と歯磨き粉)を求めてスーパーへ向かいました。

 

Wellingtonでは「New World」というスーパーが多いみたいです。自転車で走っているとちらほら見かけました。「New World」の画像検索結果

 

おぉ、いい感じ!

 

外国のスーパー見て回るのって、ひとんちの冷蔵庫覗いてるみたいでめっちゃ楽しい!!!

f:id:yoshidont_mind:20170513163618j:plain

 

サンドウィッチとか出来合いのものは高く、果物とかパン、肉などは日本より安いな、という印象でした。特にパンはものにもよりますがめっちゃ安い

 

ももと生ハム、それからSURIMIを購入しました。

f:id:yoshidont_mind:20170513165324j:plain

 

ミーハーなので一応一通り街を散策しに行くことに。

f:id:yoshidont_mind:20170513172627j:plain

 

↓国会議事堂

f:id:yoshidont_mind:20170513165654j:plain

 

こころなしか鳥の警戒心が薄い

f:id:yoshidont_mind:20170513174625j:plain

 

↓鉄道駅

f:id:yoshidont_mind:20170513165816j:plain

f:id:yoshidont_mind:20170513170856j:plain

 

本屋でロードマップを買ったり、南島に渡る船のチケットを取ったりといった細々した用事も済ませ、

 

↓Harbourへ(なんか、晴れてきましたね😃

f:id:yoshidont_mind:20170513171327j:plain

 

昨夜ドミトリーで同じ部屋だったドイツ人の姉ちゃんがWellington滞在8日目だったらしく、おすすめスポットを訊くと「Te Papa Tongarewa (Museum of New Zealand)」と言っていたので、当然行ってみることにしました。

 

Home | Te Papa

 

f:id:yoshidont_mind:20170513173043j:plain

 

New Zealand の動植物から島の成り立ち、先住民族マオリの文化に至るまで、いろいろな展示があってとても一日ではまわりきれない感じでした。

 

博物館の中に植物園があったり

f:id:yoshidont_mind:20170513173452j:plain

 

プレートテクトニクスの説明(日本ザツいなw)

f:id:yoshidont_mind:20170513173546j:plain

 

家ごと揺れて地震の恐ろしさを体感できる展示がすごいなと思いました。(小並感)

 

訪れたのが閉館1時間前だったので駆け足でも全部は見れず、明日また来ることを心に誓ってテ・パパ・トンガレワを後にしました。

 

港に集まって路上ライブを訊く人々。

 

こういう活気がある平和な日常、たまらなく好き…°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

f:id:yoshidont_mind:20170516013208j:plain

 

その後はケーブルカーで丘の上へ。

f:id:yoshidont_mind:20170516013250j:plain

 

丘の上にある住宅街と市内中心部を結ぶ、通勤通学の足だそう。

 

なんか夕暮れ時になると、いい風景を探したくなるんですよね。

f:id:yoshidont_mind:20170516013440j:plain

 

昼に買ったすももを食いながら、贅沢な夕暮れ時を満喫しました。

 

珍しく日本人に会ったので、話しかけるついでに写真撮ってもらっちゃいました。

f:id:yoshidont_mind:20170516013647j:plain

インドネシアジャカルタ在住の方でした笑

 

下山後は再び街を流しで走りつつ、安くで晩飯が食えそうなところを探します。

(また曇ってきましたね^^;)

youtu.be

 

Wellingtonは常に強い風が吹いていて天気が目まぐるしく変わるな、というのが全体的な印象でした。これはWellingtonが北島と南島の海峡部に位置するためで、このことから通称「Windy Wellington」と呼ばれているそうです。

 

あと夏なのにちょっと寒いな、とは思いましたが、半袖半ズボンの方が絵的に南半球感がでるな、と考えて我慢しました。

 

晩飯は「Noodle Canteen」というジャンクフードっぽい店で済ませました。

f:id:yoshidont_mind:20170516015709g:plain

 

ボウルに山盛りのビーフンが出てきました。$13でした。

量半分でいいから半額にしてくれ……って感じでした。

 

2017/2/24

翌朝、荷物をまとめて宿を後に。

 

天気がいいので港に自転車をとめて散歩します。

f:id:yoshidont_mind:20170523001826j:plain

 

 ヨットハーバー。ケツメイシの『カリフォルニー』を聴きながら歩くのがオススメb°˖✧

f:id:yoshidont_mind:20170523001957j:plain

 

 公園です。少し暑いのですが遊んでる子供や大人がちらほら

f:id:yoshidont_mind:20170523002330j:plain

 

スケートボード場も。欧米ではポピュラーな印象ありますよね。

f:id:yoshidont_mind:20170523002518j:plain

 

そして開館時間を待って昨日の博物館を再び訪れました。窓からの景色が最高でした。

以前神戸に住んでたからか、海、山、街が揃っていると自然といい景色に思えてきます。

f:id:yoshidont_mind:20170523002717j:plain

 

さすがニュージーランド駐車場にはキャンピングカーがちらほら

f:id:yoshidont_mind:20170523003209j:plain

 

Wellingtonはコーヒーの街として有名だそうで、一度は小さな店に入ってひっかけたいなと思っていたのですがなぜかチキってしまい、結局博物館内の喫茶店で一杯いただきました。

 

2,3日自転車で走り回っていると土地勘もかなりついてきてWellingtonでの生活にも馴れてきました。自然もあって便利で、一方通行と強風さえ慣れてしまえば暮らしやすい街です。

 

しかしやっぱり都会、滞在するだけでお金が湯水のように飛んでいきます。

 

このままずっとここにいるわけにもいかない…ってことで、

 

Wellington、出発します!!!

 

南島に渡るため、港へ向かいます。

youtu.be

 

すぐに到着。

これがぼくと自転車が乗る船です!

f:id:yoshidont_mind:20170523004934j:plain

 

出発の45分前までにチェックインしないといけないあたり、飛行機の国内線みたいな感じ。

 

船に自転車を持ち込む人は、見た感じぼくと一組の白人カップルのみ。

 

折角なのでどこを自転車で廻るのか訊いてみると、

「全く決まってないよ。とりあえず南島に渡る、それだけさ。ハハッ!(意訳)とのこと。

尊敬に値する自由奔放っぷりだ…!

 

13:30、出航。対岸の南島北端の町、Pictonまでは3時間半の船旅です。

f:id:yoshidont_mind:20170523005132j:plain

ぐっばいWellington!!!

 

ここまでの流れを動画にまとめたんでよかったらご覧ください↓↓↓

www.youtube.com

 

 

NZ南島ドローン&自転車縦断一人旅 ~ウェリントン到着編~

2017/2/22

機内では「Lord of the rings」の、出発前に観れなかった部分を英語で視聴したり、地球の歩き方を読んだり、隣の席のご夫婦としゃべったりしてました。もちろん寝たりもしました。

 

太平洋上空からの朝日

f:id:yoshidont_mind:20170418235226j:plain

 

初めて見るニュージーランドの大地

f:id:yoshidont_mind:20170418235526j:plain

午前9時、ニュージーランドAuckland国際空港で乗り継ぎです。日本との時差は4時間、日本ではまだ朝の5時、、、。ちょっと眠かったんですが、ワクワクが強くてあまり気になりませんでした。

日本を出る前から思ってたんですが、

新しい挑戦を始めるときの、不安と期待が入り混じって胸が高まる感じ、めっっっっちゃ好き。

f:id:yoshidont_mind:20170419000059j:plain

 

 

飛行機の席が隣だった内田さんご夫妻。息子さんが一人立ちして夫婦水入らずの旅行だそう。これからChristchurchに向けて乗り継ぎとのことで、お別れしました。f:id:yoshidont_mind:20170419000809j:plain

 

何度経験しても入国審査はいつも少し緊張します。

 

ニュージーランドは特有の生態系を持つことから土などの持ち込みが厳しく制限されていて、レジャー用品などを所持している際には申告する必要があります。

今回は持ってきたテントが(一度も土の上で使用していない)新品であることをなかなか理解してもらえず、少し手間取ってしまいました。

 

あと自転車がなかなか受け取れなかったり、国際線ターミナルと国内線ターミナルが離れていたりして、2時間での乗り継ぎはかなり過酷でした。

 

一度は空港の職員に「これはもう乗り継ぎ間に合わないから、代わりの便を手配してもらって」と言われたのですが、とりあえずいけるところまでいってみようと思って手続きを進めた結果、なんとか予定の便に乗り込むことが出来ました。

 

そしてAucklandから一時間、

f:id:yoshidont_mind:20170419002005j:plain

 

正午過ぎ、Wellington International Airportに到着です!

f:id:yoshidont_mind:20170419002328j:plain

 

「Lord of the Rings」の登場人物、 ガンダルフが鷲に乗ってお出迎えです。

f:id:yoshidont_mind:20170424005628j:plain

さぁ、さっそく自転車を組み立てて旅の始まりだ!、と思いきや、ここでアクシデント発生です…。

 

自転車が出てこない…。

 

Baggage claimでしばらく待ってみたのですが、確かに預けたはずの自転車が出てきません…。Oversized baggageのコーナーにも行ってみたのですが見当たりません。

 

やがて他の乗客たちはみんな各々の荷物を見つけて散って行ってしまいました…。

 

係員さんにカタコトの英語で事情を説明します。「どこにあるかわからんけど、見つかったら連絡するわ~(意訳)」と言われたので電話番号を教えて先に他の用事を済ませます。

 

一ヶ月wi-fiだけで生活するのはキツいとの判断から、SIMカードを買うことに。

 

しかし空港内のSIMカードショップには店員さんが見当たらず。

 

とりあえず空港内のSubwayで昼食を済ませました。なれない注文システムに戸惑いつつも、NZ最初の食事をおいしくいただきました。

 

そうこうしている間にSIMカードショップのおじさん帰還。

 

SIMカードを購入してから、空港を立ち去る前に(さっき教えた電話番号、海外で使えなくね?と思ったこともあり、)念のためもう一度Baggage claimに立ち寄ります。

 

すると、、、

 

ぼくの自転車が置いてあるではありませんか!!!

 

係員さんによるとAucklandに置き去りにされていたものが後の便で到着したとのこと。

 

とにかく、これで旅が始められます

 

自転車を組み立て

youtu.be

 

いよいよ出発!自転車を組み立てたのは初めてだったのですが、自分で調整した割には上々の走り心地です。

youtu.be

 

今夜の宿を探すため、空港を離れて市内中心部を目指します。

youtu.be

 

海がキレイです。

youtu.be

 

時刻は午後5時過ぎ、帰宅ラッシュに巻き込まれてみたり

youtu.be

 

トンネルを通ってみたり

youtu.be

 

そんなこんなでCity centreに到着~!

youtu.be

 

Wellingtonは中心部のほとんどの道路が一方通行になっていて、地図上でルートを考えてもその通りには進めません。部外者にはとても走りにくかったです。

 

宿は地球の歩き方を参考にNomads Capitalというところをあたってみました。

 

歩き方に載ってる宿は人気なので空いてないことも多いのですが、今回は一発目で空きベッドに巡り合えました、ラッキー。

2泊でたしか$50くらい。決して安くはないのですが、もう他の宿をあたる気力はありません

 

Nomads Wellington Hostel - Award winning Backpackers!

 

f:id:yoshidont_mind:20170513032704j:plain

↑中庭の壁に描かれた絵が印象的

 

部屋に荷物を置いた後、市街中心部のはずれにある、Mt. Victoriaという、標高196mの丘に向かいました。

f:id:yoshidont_mind:20170513034207j:plain

 

Wellingtonの市街地はすごく小さく、中心部は端から端まで行っても自転車で10分程です。仮にも首都なのにね。

 

f:id:yoshidont_mind:20170513034720j:plain

↑夜の7時半なのにこの明るさ

 

途中のマクドで腹ごしらえ。おなじみのビッグマック

f:id:yoshidont_mind:20170513035013j:plain

 

坂の上の雲

f:id:yoshidont_mind:20170513035142j:plain

 

丘の上から街を眺めるのって、なんか良くないですか笑

f:id:yoshidont_mind:20170513035403j:plain

 

午後8時、日没。

f:id:yoshidont_mind:20170513035623j:plain

 

ミーハーな動画も撮っちゃいました^^;

youtu.be

 

帰りがけに港の見えるバーでちょっと夕食

f:id:yoshidont_mind:20170513041610j:plain

 

軽食のつもりでFish&chipsをたのんだらバカ盛り出てきました

f:id:yoshidont_mind:20170513033516j:plain

最後は水で流し込んでました。笑

 

こんな感じで、とりあえずこの街に2,3日滞在しようと思います~\(^^)

 

NZ南島ドローン&自転車縦断一人旅 ~番外編~

今回はちょっと脱線して、ニュージーランドの基本情報についてざっくりと書きます。

 

ニュージーランドは世界の東の端にある国で、日本との時差は冬季(4~9月)+3時間夏季(10~3月)サマータイムの影響で+4時間になります。

 

南半球に位置するため季節が日本と逆で、太陽が北の空に昇ったり、南に行くと寒くなったり、日本では見られない星座がみられたり、色々と面白いです。

 

ニュージーランドは主に南北2つの島から成っています。

f:id:yoshidont_mind:20170418220941p:plain

 

北島にはニュージーランドの人口約400万人のうちの大半、約300万人が住んでいます。面積は南島より小さくて火山や温泉が多くあり、温暖な気候です。

 

南島東北と北海道を足したくらいの大きな島で、北島に比べるとほとんど人は住んでいません。広大な土地に世田谷区と同じくらいの人口(約100万人)が散らばって住んでいます。羊や険しい山脈、氷河など、ニュージーランドの一般的なイメージに近いのはこちらかもしれません。

 

次にニュージーランドの主要都市を3つ紹介します。

 

オークランド( Auckland): 北島の北端に位置する、この国の最大都市。人口の4分の1以上、約120万人が暮らしている。神戸と同じくらいの規模かな。この街1つで南島の人口より多い。(ちなみに東京の都市圏人口は約3700万人なのでオークランド東京の30分の1くらい都会、ということになる。東京SUGEEEEE…)

 

ウェリントン( Wellington): 北島の南端に位置する、この国の首都(上の地図の★印のところ)。首都といっても人口は40万人程度、兵庫県西宮市と同じくらい。国土の中心付近に位置することから、遷都されたらしい。

 

クライストチャーチ( Christchurch): 南島中央部に位置する、同島の最大都市。人口約30万人。かつては「イギリス以外で最もイギリスらしい街」と言われたが、2011年の大地震で甚大な被害

 

今回はWellingtonを出発して南島に船で渡り、そこからChristchurchを経て南島南端のInvercargillに至る以下のルートで旅をすることにしました。

f:id:yoshidont_mind:20170418221023j:plain

 

 

NZ南島ドローン&自転車縦断一人旅 ~出発編~

今回は荷造り~出国(2/20~21)です。

 

買い物等はちょこちょこしてたのですが、本格的に準備を始めたのは出発2日前、2/19日の夜から。

 

まず、持っていくものを整理し、並べてみました。

 

f:id:yoshidont_mind:20170415114624j:plain

 

なんか想像より多いな…。

ってことで、双眼鏡とか微妙なものは削って、着替えも長ズボンなどかさばるものは減らしました。

 

次に自転車を分解していきます。

youtu.be

 

自転車をいじったのは初めてだったんですが、パソコンで調べたりしながら大体3時間くらいでこの形に。

f:id:yoshidont_mind:20170415115635j:plain

 

ペダルは固すぎてどうしても手持ちの工具では外れず、翌朝自転車屋さんに持って行って外してもらいました。

 

そしてついに段ボールの中へ!

 

f:id:yoshidont_mind:20170415115836j:plain

こういう作業は得意じゃないので、上手く段ボールに収まったときはすごく感動しました。

 

自転車につけようと思って書いた看板も一緒に入れちゃいます。

f:id:yoshidont_mind:20170415133412j:plain

 

そして、、、

 

出発の日(2/21)

荷物をサイドバックに詰め、段ボールに注意書きをして、荷造り完了!

f:id:yoshidont_mind:20170415132855j:plain

 

夕方の便なので時間に少しゆとりがあり、大好きな映画、「The secret life of Walter Mitty」を観てから出発しました。

 

海外旅行などろくにしたこともない内向きな主人公がふとしたことをきっかけに世界を飛び回って大冒険を繰り広げるこの映画、臨場感のあるBGMも相まってすごくテンションが上がるので、旅に出る前にぜひ!

www.imdb.com

 

ちなみにニュージーランドで撮影された映画「Lord of the rings」「Hobbit」シリーズも、これ抜きにニュージーランドは語れないというくらい有名だそうで、ガイドブックなどでもよく言及されているので前日の夜に少しかじりました。

www.imdb.com

しかしこちらは共に3部ずつの全6本、しかも全て3時間くらいある大作なので、夜を徹してもすべて観ることはできず。

 

Lord of the rings」の1つめと2つめだけさらっていきました。

 

正直一度見ただけではあまり面白く感じなかった、というかよくわからなかった…。

 

期待しすぎたせいか少し義務感を感じながらの鑑賞だったせいか、はたまた準備で疲れてて眠かったのか、「この映画長すぎやろ…、はよ終わってくれ…」ってずっと思ってました。。。

 

教訓:旅は出発するまでが一番大変

これは中3のときからずっと思ってたんですけど、旅って準備とか荷造りとかの許可とか、出発するまでが一番大変なんですよね。忘れ物とかしたら場合によってはあとあとめっちゃ苦労するし。今までもなにか変なことをやろうと思い立って結局達成できなかったときは、ほぼ確実に始める前に頓挫してるんです。

 

家を出てしまいさえすれば意外とどうにでもなる。家を無事に出発できた時点で旅はほぼ終わったようなもん、旅の成功はほぼ確定してるんですね~。

 

そして今回は無事、

出発。

両肩にサイドバック(7.5kg×2)、腰にもカバン(6kg)、

そして両手で自転車とその他備品の入った段ボール(14kg)を持ちます。

 

こんなに重たい荷物を持ったのは人生で初めて

 

徒歩3分の最寄り駅に着くまで10分以上かかりました笑

 

f:id:yoshidont_mind:20170415142006j:plain

乗り換えも大変です。めちゃくちゃ目立つし、存在自体が迷惑

 

空港に向かう列車なので車内に荷物置き場があるのですが、規格外の大きさなので当然入りません

しかたなくデッキ部分に置いておいたのですが、走行中に倒れてしまいました。

割れてなけりゃいいけど…。

さりげなく立て直してくれた白人のおじさんに感謝です_(._.)_

 

そして無事、成田空港に到着~\(^o^)/

 

いつもLCC専用の第3ターミナルなので、キレイで大きな第1ターミナルはテンション爆上げ。

f:id:yoshidont_mind:20170415142651j:plain

 

ここでもタイ人のお姉ちゃんに荷物運びを手伝ってもらっちゃいました笑

英語が通じなかったので "Thailand?" と訊くとコクリ。

コップンカー!(ありがとう)」って言ったら喜んでくれました。

 

※「コップンカー」は女性形で、男性の方は「コップンクラッ」って言うのが正しいそうです。にこにこしてたのはそういうことだったのかな

 

今回はニュージーランド航空を利用しました。

多少値段は張りましたが、やはりLCCで大事な自転車を運ぶ気にはなれず…。

 

ニュージーランド航空の預入荷物は、23kg以下なら1つまで無料。2つ目は6000円程、3つ目はさらに追加で9000程の料金が発生します。

自転車の入った規格外の段ボールもちっちゃいカバンも、数が一緒なら同じ扱いです。

 

サイドバック2つで2つ分の料金を取られるのは避けたかったので、手持ちのひもで括り付けて一つだと主張する作戦…!

f:id:yoshidont_mind:20170415153551j:plain

 

バラバラになる可能性があるからということであっさり断られました…orz

 

しかし便利な成田空港。ターミナル内に巨大なラップで荷物を梱包してくれるサービス(1000円)があり、それを利用することで追徴金9000円を免れました\(~o~)/

 

普通の機械を通らない大きな荷物を預けるときは、係員の人と一緒に特殊な検査場に同行します

 

去年バックパッカーとしてミャンマーなどを旅してたこともあり、その後の出国手続きはすんなり完了。

 

そんなこんなで、いざ出国!中継地、オークランドまでは10時間半の長旅です。

f:id:yoshidont_mind:20170415155849j:plain

乗る飛行機とは違うけどキレイだったのでパシャリ。

 

ぐっばいじゃぱん!

f:id:yoshidont_mind:20170415160059j:plain

 

 

 

NZ南島ドローン&自転車縦断一人旅 ~装備編~

今日はニュージーランド旅に持って行った装備の一部を紹介したいと思います。装備というか、仲間です!

 

まず、なんといっても欠かせないのが自転車

 

一年前、関西から上京するときに京都のVigoreという自転車屋さんで作ってもらった相棒です。

 

新・山と旅の自転車」と名付けられたこの自転車、どう考えても今回の旅にもってこいですね(*'ω'*)

 

f:id:yoshidont_mind:20170415014121j:plain

 

フレームがクロモリ(溶接しやすい)、

タイヤが26インチ(最もポピュラー)、

太いタイヤがはける(未舗装路もあるだろうし)、

フレームがホリゾンタル(カッコいい)など、地味に色々こだわりがあります。

 

f:id:yoshidont_mind:20170415014024j:plain

 

次に紹介するのはテントです!旅の間は家みたいな存在なので、めちゃくちゃ大事ですよね。

 

中高ワンダーフォーゲル部に所属していてテントには馴染みがあったのでそれほど悩むことなく、mont-bellのステラリッジ2型(2~3人用)をチョイスしました。

 

ずっと使ってきたので安心感があるし、何より軽いです。

 

f:id:yoshidont_mind:20170415020316j:plain

 

最後にドローンです。YouTubeドローン片手に世界一周新婚旅行した動画を見てすっかり虜になってしまい、購入しました。

ドローン片手に世界一周新婚旅行 - 空飛ぶ絶景400日 - YouTube

 

ご存知の方も多いはず、DJI Mavic Proという機種です。

 

f:id:yoshidont_mind:20170415020838j:plain

 

たたむとこんな感じ、ペットボトル一本より一回り大きいくらいです。

f:id:yoshidont_mind:20170415021415j:plain

 

本体に予備バッテリー2つやコントローラー、充電器等もまとめて小さなカバンに収納出来ます。

f:id:yoshidont_mind:20170415021807j:plain

 

河川敷や実家の近くで飛ばして練習しました!

www.youtube.com

www.youtube.com

 

ちょっと話がそれましたが、以上、旅の仲間紹介でした~('ω')ノ

 

 

 

NZ南島ドローン&自転車縦断一人旅 ~計画編~

ニュージーランドを縦断しようと思ったのは今年の1月頃。

 

前々から自転車で世界一周するのが夢だったので、その練習としての意味合いが大きかったような。

 

ニュージーランドを選んだ理由は

英語が通じるし自転車が壊れた時に安心

・一か月くらいで廻るのにちょうどいい大きさ

・近すぎず遠すぎない距離

大自然があって人のいないところで生きていく練習になりそう

・南半球は季節が逆だから暖かそう

みたいな感じです。

 

その一週間くらい後には大まかな計画を立てて航空券を購入しました。

f:id:yoshidont_mind:20170415010306j:plain

既に入っていた予定の都合もあって日程は2/21から3/26の35日間

 

北島の最南端に位置する首都、Wellingtonから入って南島を縦断し、帰りは南島最南端のInvercargillから帰ろうということだけ決めました。

 

本当は南島を一周しようと思っていたのですが、一部海岸沿いが通行不可能なこと、島内中心部にも観光名所が多いことから今回は縦断ルートを採ることにしました。

 

ちなみに北上ではなく南下することにしたのは、南半球では太陽が北に昇るためです。逆光は嫌だもんね。

 

意外と色々ちゃんと考えてます。テスト期間の現実逃避ですね笑